2009年12月29日

フレッシュトラックと朝食ツアーのすすめ。その2

12月、一番日が短いこの時期のフレッシュトラックと朝食ツアーでは、山上で朝食を食べながら日の出を見れるのが何よりものお勧め。(曇っていたり、雪の日は日の出は見れません)



かつてJTBで通訳ガイドをされていた大前研一氏(本人著書:旅の極意、人生の極意)もウィスラーのフレッシュトラックを絶賛。ウィスラーの極意として紹介しています。 ご自身で行っても面白いですが、ガイドつきなら更に面白いこと請け合いです。。。 フレッシュトラックと朝食ツアーこそ、ウィスラーに来たら絶対に体験して欲しいオプションです。

2009年12月26日

フレッシュトラックと朝食ツアーのすすめ。その1

日の出の遅い厳冬期のカナダ。

いまだからこそお勧めなのがフレッシュトラックと朝食ツアー。
今回はそれを2回に分けてご紹介。

まずは動画で朝7時過ぎのウィスラーゴンドラの前。


ビレッジの夜景を見ながらゴンドラに揺られて山上のラウンドハウスロッジまで25分。



ビュッフェスタイルの朝食は食べ放題。



今回はここまで。

朝食を食べているうちに日が昇り、カランカランという鐘の音とともにゲレンデがオープン。
新雪の後ならもちろんパウダー!!

新雪がなくてもグルーミング直後のゲレンデで滑る心地よさはチョー気持ちいい。

次回は日の出の様子等ご案内しますね。
その2をお楽しみに。


でもツアーでウィスラーに来られている人たちは、その2を見る前に楽しんじゃって下さい。


このフレッシュトラックと朝食ツアーもガイド付きならば、2倍も3倍も楽しめること請け合い。

詳しくはJ-ステーションまで。

2009年12月24日

メリークリスマス!!

南半球のオーストラリアでは、太陽とカンガルーのメリークリスマス。


カナダのウィスラーでは雪のホワイトクリスマス。


クリスマスはイエス様の誕生をお祝いするキリスト教の祭事。


クリスチャンの多い北米、ツーリスト向けのミサもシャトーホテルで行われます。誰でも参加できます。


写真は12月23日、とても景色のよいウィスラー山山頂より。



今年のウィスラーは最高です!!


今シーズンは4月5月のツアーも催行されるんですよ。1シーズンに2回。冬に来て春に来るという人も増えています。春のウィスラーも是非楽しんでいただきたいなあって思います。

Jステーションスタッフ一同お待ちしております。

May the peace and joy of Christmas be with you,
                 today and throughout the coming year!!

2009年12月19日

ほーほーほー。

朝8時30分。

大勢のサンタさんがGLCの2階に集合。


大人のサンタさんや子どものサンタさん、大勢のサンタさんが集まりました。

もうすぐクリスマスです。ウィスラーへのプレゼントはやっぱり真っ白な雪がいいですね。

2009年12月17日

もうすぐ。

サンタ・コスチュームデイがやってきます。

12月19日はサンタのコスチュームを着ていると最初の50人はリフト券が無料になります。
詳しくはウィスラーブラックコムのHP
で確認してください。

19日はサンタさんにいっぱい会えると思います。カメラを忘れずに。


そして19日からチューブパークもオープン。20日の日曜日からはファイアー&アイスショーもスタートします。遊ぶこと見ること食べることますます満載ウィスラーです。

2009年12月11日

雲の上。

今日のゲレンデは雲の上を滑る感じ。

雲がまるで海のよう。雲海という言葉がぴったりでした。

2009年12月5日

今日からピークチェアーオープン。

ウィスラー山のピークチェアーが今日からオープンしました。

昨年は雪が少なかったので、1月中旬までオープンできなかったエリアです。
今年は早速12月5日オープンなのでひと月半も早くオープンしました。

今年のウィスラーがいかによい状況かお分かりいただけますか?

写真はウィスラー山の頂上に立つイヌクシュク。


オリンピックのシンボルマーク。

ただ、このところとても寒い日が続いています。

寒さに注意!!!


同時にゲレンデ状況、斜面がハードパック、硬くなってきています。

怪我に注意!!!!


こんなときは、是非ガイドツアーにご参加ください。
皆様を安全に、楽しく、景色の良い所をご案内させていただきます。

詳しくはJステーションにてお尋ねください。

2009年12月4日

ウィスラーフィルムフェスティバル。

天気の良い日の続いているウィスラー。

このところ、ちょっとセレブっぽい人をよく見かけます。
そんなウィスラー。


今週末はフィルムフェスティバルの真っ最中です。



ご覧のように色々な映画を見ることが出来るんです。



滑らない人でも充分楽しむことの出来るウィスラー。

山に登らなくても、街中のカフェでゆっくりしたり、こういうフィルムを見ながらゆっくり過ごすのもウィスラーのリゾートライフなんですね。

2009年12月1日

ピーク2ピークを動画でどうぞ。

昨シーズンにオープンして大人気のピーク2ピーク。

今日は、28機のなかで2機しかないシルバーゴンドラの映像をご覧ください。


真ん中にガラスのフロアーのあるシルバー。ココからの景色はバードアイ(鳥が見る景色)と言われています。一番高いところでは地上から436mも離れてしまいます。

今年の夏からは、このシルバーゴンドラ専用のラインもできました。
シルバーに乗ってみたい人は専用ラインを利用してください。



たまたま並んでシルバーがきたっていう人はとてもラッキー。


観光チケットでもピーク2ピークにのる事ができます。

ウィスラーのクマさんと。

ラウンドハウスにいるウィスラーのクマさん、ちょっと有名クマさん。

こちらはご本人がアップしているサイトから。。。
http://twitpic.com/rigun

このクマさんと一緒にいるのが誰でしょうか?


みなさんも是非是非この有名クマさんに会いにきて下さい。

このクマさんに会いに、観光で山に上がることもできます

2009年11月29日

ウィスラーJ-ステーションのニューフェイス

トップシーズンと変わりないような状況でオープンしたウィスラー。

ウィスラーJステーションもトップシーズンと同じ状況でオープンしました。


さて、リピーターの多いウィスラーフリークの皆様。
今年のJ-ステーションのニューフェース紹介!!


入り口で出迎えるのはカナダ騎馬警官のお人形、マウンティー君たち。
これは木でできている本物です。空気でふくらませたものではありません。

しかも、実はこれは売り物でもあるんです。自分でお持ち帰りくださいませ。

お値段は信じられない格安破壊の$200。
是非是非ローカルの方、ご購入ください。


ではここから本題。

ウィスラーの山は???


今日は曇り空でしたが雪の量は充分。
雪、雪、雪、雪、雪と続いた11月中旬の降雪が充分以上のゲレンデコンディションつくってくれました。

皆様、どんどんウィスラーにお越し下さい。


J-ステーションスタッフ一同、お待ちしております。

2009年11月20日

すべる@ウィスラー




信じられない この雪の量。
 
まだ11月なのに~。 と悲鳴を上げているのは、雪かきで疲れきっている
住人。


スキー場は 信じられない積雪量。   11月の降雪量は過去最高!。
新雪は 腰までくるそうです!。
(新雪が苦手が人もご心配なく。 圧雪斜面はやわらかく、ターンもし易く、
気分はスキーデモ!!)


シーズン初めのリフト券格安期間は 12月21日までですから、

シーズン先取りはカナダウィスラーで、いかがですか?


ルックJTB スキーツアーご予約 お待ちしていまーす。


気温:山頂 -3℃、  中腹 ―4℃、   ビレッジ 4℃

24時間内の積雪量(新雪量) : 68cm

ゲレンデ積雪量: 258 cm ( 2mを超えました;; )






2009年11月18日

すべる@ウィスラー

11月18日 朝8時30分のウィスラーゴンドラ乗り場横。 (ビレッジ麓)です。 すでにウィスラーゴンドラ中間地点で積雪が193cm!! 驚きの積雪量です。 11月はまだまだ積雪が足りなくて、人口降雪機が24時間体制で稼動しているのに、今年は自然雪でこの状態です。



早ーやく、来い来い 26日の公式オープン日 ♪  



初すべりツアーに申し込もう!! こんなお得なシーズンはそうそう来ませんヨ!!

お待ちしております。 

2009年11月17日

すべる@ウィスラー

公式オープン日は 11月26日でしたが・・・。 12日も早くウィスラーがオープン。

すでに 積雪は150cmを超えており、 ゲレンデのコンディションは
シーズン半ばのパウダーです。

11月に入り降雪量は 300cm と過去最高が 415cmなので、もしかしたら
11月過去最高の降雪量になりそうです。 

シーズン初めてにウィスラーにこられるご予定のある方へ。
今年はよい滑り出しになりそうです。 楽しみにされていてくださいね。

それでは、ウィスラーJ-ステーションのオープンもあと残すところ
9日です。

本年度もよろしくお願いいたします。

2009年11月9日

とっくに「焼き猫の季節」


北米西海岸のカナダ近辺では、今年もとっくに「焼き猫の季節」になっています。




普通に家の中では猫も寒いんでしょうねえ?
一般家庭ではコタツのかわりにストーブ。
猫ちゃんもその前で焼かれてくつろいでおります。

ウィスラーの最近の様子はこちらの写真をご覧ください。
http://www.whistlerblackcomb.com/photos/index.htm

2009年10月18日

マツタケ予想。

雨の日がおおくて時々は晴れるという、ウィスラーらしい10月になってきました。

エルニーニョなど色々な現象が起こっているが、それが今年の雪にどう影響を与えるのか??
「雪」そのもののことがウィスラーローカルにとっては一番の関心ごと。

まあ、オリンピックも来るけれど、自分が滑ることの方がもっと大事。

ですがまだ10月。秋らしい天気によって、マツタケがちょっと採れはじめています。


食欲の秋、ウィスラーです。

2009年10月17日

IKERUNEツアー・イン・ウィスラー

先日、JTBのIKERUNEツアーでウィスラーにお越しいただいたお客様がありました。

この時期のウィスラーは雨が多く、ハイキングの日の天気予報も雨!!でした。
ところが、明けてみると天気予報が完全にはずれて、とてもよい秋の空が広がりました。

お客さまの年齢層は7歳から74歳まででととても幅広い方々。約2時間のハイキングでしたが、まるで3世代の大家族が(26名様と添乗員+ガイド)一緒に歩くような感じになりました。


街角の紅葉もとても綺麗に太陽を反射しています。
ウィスラーの紅葉としては一番の見ごろに当たりました。

ネイチャートレールではこんなクマの爪あとのついた木を見ました。

真新しいのは今年の春です。
ウィスラーのクマは木登りクマ。子クマがすいすい木に登って行きます。


針葉樹林に囲まれたロストレイクはまるで鏡のよう。



マツタケが大豊作の年は、今回あるいたトレールでもマツタケを見つけることがありますが、今年のウィスラーはマツタケは不作気味。

こちらのマツタケはちょっと秘密のスポットで見つけたもの。
香りは届きませんが、どうぞご覧ください。

2009年10月15日

オリンピックに向けて。

ウィスラーでは結構冷え込んで来ています。冬はもうすぐと言ったところ。

こちらは10月15日のカナダの新聞。


もう既に、ウィスラーのオリンピックコースに雪を付ける作業が開始されています。

2009年10月2日

(o^-*)b パンフレットでたよ~ (o^-*)b

さあ、今年のウィスラーのパンフレットが出来ましたよ~。


インターネットでごらんいただく方はこちらから。

で、実はもうすでに山は一度雪化粧に覆われました。
ウェブカメラで見たい方は
こちらからどうぞ。(時差を考えてご覧ください)


2010年新年にも“お楽しみ”がありますよ~~~。

2009年9月27日

JTBカナダでも。

以下JTBカナダのホームページのカナダ各地から最新の情報をお知らせより抜粋。


【ウィスラー】 2009/2010のスキーシーズンも開幕あと数ヶ月
(2009.9.26.)
今年は特別の年になります。 冬季オリンピックが開催され、ウィスラーも競技会場です。
JTBは本年度も11月26日2009年より営業を開始いたします。
皆様のご利用・ご来店ををスタッフ一同お待ちしております。 
リフト券やレンタルなどウィスラーご到着前にウェブにてお申し込みが可能になりました。 
ウィスラーJ-ステーション・現地ツアーを閲覧してくださいませ。 
お得な情報を満載しております。



詳しくはこちらからご覧ください

2009年9月26日

そろそろイメージトレーニング。

さりげなく、こちらを覗いた皆様。

もうすぐ10月、この冬のイメージトレーニングを初めていますか???

今回は、日本のJTBのホームページからです。

まずはこちら =ひとりで旅するウィスラー。

はい、では続いてこちら =人気のウィスラーで初滑り(限定版)。

今年もウィスラーJ-ステーションのスタッフ一同おまちしております。

2009年9月18日

今度の冬は。

今度の冬は、ウィスラーの歴史の中でも“特別な冬”といわれています。

それはもちろん2010年バンクーバーオリンピックの年だから。
ウィスラーでもアルペンスキーなどの種目が開催されます。


毎年ウィスラーにこられているリピーターの方々。

「今年はどうしようね???」なんて相談しているのではないでしょうか??


「オリンピックの前にウィスラーに行っちゃうか?」
「オリンピックの後に行ってみるか?」


もうすぐ今年のパンフレットも配布されます。 (o^-*)b (o^-*)b (o^-*)b

この写真のようなウィスラー山が、真っ白な雪に包まれるのは目の前です。



さあ、今年もウィスラーですよ~~~

2009年9月3日

通り雨のプレゼント。

 ウィスラーの人たちにとって、レイバーデイ(勤労感謝の日みたいなもの)連休が終わると、気分は夏から冬に変わってきます。

 暖か日もまだまだありますが、朝や夕方は冬の訪れの近いことを知らせてくれます。

 先日、ブラックコム山を覆うように大きな虹がでました。たまたまウィスラーのゴンドラから写真を撮りましたが、ビレッジからもこの大きな虹は見えていたようで、日本人の若い女性が大きな声で「きれい~」って叫んでいたそうです。
 虹は、滝のあるところでは珍しくないかもしれませんが、ウィスラーでこの大きな虹はそんなに見ることがありません。

 
本当に通り雨からのプレゼントでした。

2009年8月31日

ブラックタスク山。

ウィスラー山に登ると見えるとんがったこの山。


名前はブラックタスク(黒い牙)山。


ウィスラー山から見ると、とても登れるようには思えませんが、ハイキングコースから近づいてみるとこ~んな形に見えます。


最後ののぼりでちょっとややこしい所がありますが、そこを過ぎると岩々の中を頂上まで一気にいけます。


このブラックタスク山、ウィスラー近辺のハイキングコースの中で最も満足感と達成感のある山ではないでしょうか??

近くにはガリバルディ湖というとても綺麗な湖があって、多くの人はそこでキャンプをしてブラックタスク山に登りに来ます。


ウィスラーももうすぐ夏も終わりに近づいています。


冬が来る前に沢山夏を楽しんでおきましょう。

2009年8月24日

山のパティオ。

温かい日と寒い日が交互にやってきているウィスラーです。

今日は比較的暖かい一日でした。
本日も世界中から多くの人が来て、ウィスラー山に登って景色を楽しんでいました。


日本からも本当に多くの方が来て、この風景を堪能されていました。


まだウィスラーの夏に来たことのない方、是非お越しください。

本当にいいところです。

2009年8月21日

ビーバーだ。

ウィスラーのバレートレイルやネイチャーウォークのコースでは、ビーバーの齧り倒した木を見かけることが意外とあります。

でも実際のビーバーを見ることは稀。早朝か夕時が多いです。もちろん臆病な動物なので大きな音を立てるとバシャって、大きな尻尾を使って水の中にもぐりこんでしまいます。

今回はグリーンレイクで見かけたビーバー。


何人かの人で結構長く見ていることができました。

齧った木の枝を咥えて、このビーバー君、お家の方に向かっていったんでしょうね。
みんなで見送りました。

2009年8月17日

クランク・ワークス終了。ウィウラー山ハイキングが楽しい。

昨日まで、ウィスラーではクランク・ワークスと言うMTBの大きなイベントが開催されていました。

MTBで色々なアイテムを利用してパフォーマンスをするスロープスタイルという種目は大人気。

本当に多くの人たちが、選手のパフォーマンスに惜しみない拍手を送っていました。

ウィスラー山も、このところ安定してよい天気が続いています。寒くなく暑くなくとても過ごしやすい山の上です。


日本からも大きな団体が続けていらっしゃっています。一番人気はウィスラー山のハイキングとピーク2ピーク。

皆さん、心地よい風に吹かれています。

2009年8月12日

オリンピックまで丁度半年!!

 8月12日、オリンピックまで丁度半年になりました。

 いよいよ半年後には、BC州は世界から注目されることになります。ウィスラーではクランクワークスと言うMTBのイベント真っ最中。世界中からMTBのうまい人から順番に集まってきていますが、半年後には世界からスキーやスケート、スノーボード、アイスホッケーなど世界中の上手な人から順番に集まってきます。

 何十億と言う人たちがTVでオリンピックを見ることでしょう。同時にBC州のことが世界中に知れわたることでしょう。

 BC州、オリンピック記念の自動車ナンバープレートには“Best Place on Planet ”(地球で一番いいところ)と言う言葉が書かれています。
 
 世界中の人がそのことを本当に知ることが出来ます。

 本当に待ち遠しいオリンピックです。

 なので今日は特別にイルカのジャンプです。


ついでにBC州の海の様子もご覧ください。

 バンクーバー水族館より。

 ここにはバンクーバーのオプショナル「欲張り半日観光」で行きますよ。
   
 是非参加してみて下さい!!

2009年8月5日

ピーナッツ・プレイグラウンドって???

ウィスラーの近くにピーナッツ・プレイグラウンドといわれる場所があります。

ピーナッツの遊ぶ場所???


はい、ここがその一部です。
ピーナッツ・プレイグラウンドは正式名称カル・チェックと呼ばれるクライミングのゲレンデのことでした。


スコーミッシュからウィスラー、そしてペンバートンへ抜けるエリアはクライミング・エリアとしても北米では有数の場所です。日本からわざわざやってくる人もいます。
この日はワシントン州からの車が何台も停まっていました。

クライミング自体も北米では結構人気のアクティビティ、夏はやっぱり野外のアクティビティーがお勧めですね。

2009年7月28日

暑いぞ!! ウィスラー。

 ウィスラーも暑いです。この夏一番の暑さではないでしょうか?

 地元の人たちは湖にジャンプイン。ビーチは賑やかです。

 こんなときにお勧めなのはやっぱり山の上。

暑いビレッジをさけてゴンドラやリフトで山の上でのんびりしましょう。


氷河から吹いてくる風は冷房の風のようにちょっと涼しいですよ。

2009年7月23日

マーモット!!大志を抱け!!

 ウィスラーの名前の由来にもなったマーモット。

 この小動物の鳴き声はまるでホイッスルを吹いているかのような「ピー」っという鳴き声。1965年まではウィスラー山の正式名称はロンドン山でした。ですが誰もこの山をロンドン山と呼ぶものはなく、ニックネームであった“ウィスラー”と呼んでいました。
誰もロンドン山と呼ばないので、スキー場としてウィスラー山がオープンするのをきっかけに、この山は正式にウィスラー山となりました。

 そうなのです。

 このマーモット君こそはウィスラーのなずけ親。


 この日もマーモット君は岩の上で天を仰いでいました。大志を抱いているのでしょうか???


 実はこのマーモット君、一年のうち8ヶ月ぐらい冬眠して、冬眠から覚めたら巣の周りに生えている草花を食べ、お腹がいっぱいになったら岩の上で昼寝をしています。人が通ったら「かわいい~」って言われて写真を撮られるのが仕事。

 いいですね。


 

2009年7月22日

残雪。

 暑い日の続くウィスラー。

 こんなときはゴンドラに乗って山の上へ。

 ウィスラー山のハーモニーリッジへ向かうハイキングコースはまだこんな残雪があります。


 この雪の壁になら、思い切り落書きしても誰も怒りません。
 好きな絵、好きな言葉を書いて写真撮影!!

 ココで遊んで、涼んで、ピーク2ピークで景色を眺めて。

 ウィスラーは最高ですよ。

2009年7月21日

ラフティング。

 ウィスラーも暑い日々が続いています。

 山火事注意報は一番危ないエキストリーム。
 おタバコの火には十分気をつけてください。


 こう暑い日のお勧めの一つにラフティング(激流下り)があります。


 日本のラフティングとカナダのラフティングの一番おきな違いは、“水の冷たさ”です。
 氷河から流れ出たお水はとても冷たくて、万が一激流の中に落ちたときに、一番びっくりするのはこの“水の冷たさ”です。

 氷河の氷は氷の下の方から融けていくので、このお水は約1万年前の氷の融けたお水。ミネラル分もたっぷりあることでしょうから、万が一ラフティングから落ちたときも、おちついてじっくり顔でも洗ってラフトボートに戻れば、お肌もつるつるになるかもしれません。

 何事もポジティブシンキング。

 ウィスラーを楽しむコツですね。

2009年7月20日

スペースシャトルを見ました。

日本では皆既日食が話題ですが、ウィスラーではスペースシャトル。


7月20日午後10時11分。

スペースステーションとドッキングしたスペースシャトルが北斗七星のそばから東の方面へ抜けていくのを
ウィスラーのレインボーパークで見ました。時間は4分間。

1等星の5倍の明るさは予想以上でした。

バンクーバーでも見れるかも。

以下23日までの予定です。見れる時間はわずか4分ですが、「あ、これだ」って思う明るさでした。

7月21日PM10時35分 西から南 3分間
7月22日PM11時01分 南西から南西 1分以下
7月23日PM9時49分 西から南南東 4分


詳しくはこのHPを参考にしてください。

2009年7月13日

氷河へ。

 ウィスラー近辺で、最も大変なハイキングコース。でも一番充実感のあるコース。

 多分ウエッジ山レイク・ハイキングコースだと思います。

 ハイキングコース入り口から標高差1200mを一気に登ります。
 途中、本当に綺麗なお花畑のような所も通って行きますが、朝露にぬれた花がとても綺麗です。


 がんばって登ると、森林限界を超えたところで、目の前に大きな氷河と、その手前にハットが現われます。


 ハットに近づいていくと、氷河の手前にグリーンの湖。


 氷河を目指して約20分。
 氷河までつきました。もちろん綺麗な所の氷は持って帰りました。


 このハイキングコースはウィスラーから車で30分ぐらいで入り口に着きます。

 ウィスラーはまだまだ知られていない美しいところがたくさんあります。

 この氷河、シアトルなどアメリカ西海岸の人たちにも氷河登山のトレーニングとして有名らしく、この日はそのためにここまできているグループに何組も会いました。

 
 

2009年7月8日

山では雪が降っています。

 ビレッジは小雨模様。

 涼しいというよりは、寒いウィスラー。
 氷河スキーエリアは雪が降っていました。

氷河エリアまではハイキングで行くこともできますが完全な防寒が必要です。


 全日本のモーグルチームもウィスラーで合宿中です。カナダチームもいます。この氷河で練習している選手の中から2010年オリンピックの金メダリストが出てくるくるのは間違えないことでしょう。
 全日本チーム、男女共にがんばってください。

2009年7月4日

ドラゴンボート・フェスティバル

 7月4日5日とウィスラーではドラゴンボート・フェスティバルが開催されています。場所はレインボーパーク。

 朝、8時30分にはオープニングセレモニー。
 みんなでカナダ国歌の斉唱。

 そして安全祈願なのでしょうか?

 レインボーパークに現れたドラゴン?(獅子舞のよう)の前でお供え物を持ってウィスラーの市長さんが立っています。お供え物はレタスです。



 このドラゴン君、とても美味しそうにレタスを食べています。

 でもこのドラゴン君、食べ方は野生。かなり食い散らかしてレタスの葉っぱが巻き散らかされました。
 
 今日と明日、この湖で熱い戦いが繰り広げられます。

 
 いろいろなスポンサーブースも並んで、エコカーが当たる抽選もあります。

 レインボーパーク、是非観に来てください。