2009年2月28日

エアダンシング。

 ウイスラーアート&カウンシル主催のエアダンシングのショーがマウンテン広場で行われた。

 スポーツとアート、エンターテイメント。この3つがウイスラーで行われるのイベントの3本柱。

 夜7時の本番の前にリハーサルをしています。


 本番は夜の闇の中。ライトアップされてとても幻想的です。


 最後は満月が映し出されてクライマックスを迎えます。


 音楽のリズムが、なんとなく人の持つリズム(たとえば胎児のときに聞いた母親の心臓の鼓動のように、人の中に深く刻まれたリズム)に近く、とても心地よい感覚になりました。

 

ピカスレストランの「今日のスペシャル」。

ウイスラー山、ピカスレストランの今日のスペシャルは“ビーフブリスク”。

コールスローサラダとお豆を煮たものがついています。
お豆の味はちょっとスパイシー。



栄養、ボリュームともに満点。お二人で一つでいいかも。

ウイスラー山にできた雪の彫刻。

ウイスラーのゴンドラを降りたところに、雪の彫刻が完成。
これはマニトバ州からやってきた人たちの作品です。

雪の彫刻は、どんどん溶けてしまうので是非、形あるうちに写真を撮っておいてください。


横から見ても後ろから見てもアジのあるカーブが描かれています。

2009年2月27日

行列のできるスパンキーズ・ラダー。

2月26日は今シーズンのベスト3に入るような恵まれた日でした。
一週間で約80cmの新雪が降り、晴天に晴れ上がったこの日。
本当に多くの方々が山に向かっていました。

その中でもスパンキーズ・ラダーというエリアには、パトロールのオープンを待つ行列ができていました。


ただし、このエリアはエキスパートオンリーなので、ガイドさんと一緒か、このエリアを熟知した人と一緒に滑ってください。

次の写真は、バンクーバーからオプションでウイスラーに来られて、ガイドに参加されたIさんの極上パウダーショットです。


お写真ありがとうございます。また、今回はご参加いただき本当にありがとうございました。

ウイスラー J-ステーション

2009年2月25日

ウイスラーブラックコムのHP。

 こちらのHPをあけると、その日その日の新雪の状況やリフトの状況が調べられるページがあります。

 で、今年からさらに増えたのが、雪崩に関する情報を発信している項目。


 森林限界を越えたアルパインエリア、森林限界線のエリア、森林限界より低いエリアの雪崩の発生しやすさを表示してくれています。もちろんゲレンデにいる限りはパトロールによって雪崩のコントロールはなされています。
 「なんで今日は7thヘブンあかないの?」そういう時はこういったHPを見てください。風の状況や雪崩の危険度の情報など色々な情報が手に入ってちょっとお勉強になります。
 また、この情報を元に地元ローカルと話をしてみてください。もちろんガイドさんとも話をしてどこを滑るか選んでください。この山はどんな状況でも楽しいところが沢山あります。
  
 山の自然をリスペクトして、またこういった情報を発信してくれているパトロールやスタッフに感謝して、より深く、より楽しく山を楽しみましょう。

 人生の贅沢をし尽くした人が最後にやりたい事って“勉強と旅”だっていうお話を聞いたことがあります。この山を滑るということを突き詰めると、“勉強と旅”の要素が入ってきます。もしかしたら人生で一番贅沢なことなのかもしれません。

 今日も安全に楽しんで、明るい顔でJ-ステーションにお越し下さい。お待ちしております。 

ちょっと気になる。

 ちょっと気になっているお食事どころ。

 ホストマンハット(ブラックコムスキー場の最高地点にある山小屋です)。
 普段は暖を取るために入ってホットチョコレートを飲むぐらいですが、メニューを見るとミートとチーズの盛り合わせメニューがあったりします。ショーケースの中には美味しそうなハムがあって「これっておいしそう!!」っていう感じです。

 で、飲み物にはホットワインもおいてあるので、ホットワインを飲みながらミートとチーズのプラッターを食べたら絶対によさそう。
 外が雪でも晴れていても、ここでワインを飲みながらゆっくりくつろいだら“ちょっと贅沢な”雰囲気を味わえそう。


 いつかこの贅沢な雰囲気をアップしますね。

2009年2月23日

新雪25cm。今日はとてもいい感じ。

山頂温度-3℃、ビレッジ温度1℃。
新雪25cm(24時間で30cm) 積雪160cm

天気予報は晴れ!!

これはもう言うことないですね。


今日はとてもいい感じでした。

2009年2月22日

そういえば。

オリンピック関連でしょうか?

スキーヤーズ・プラザの端っこにこんな雪の彫刻ができてました。


ウイスラー山とブラックコム山にも雪の大きなかたまりができているので、それも数日中に雪の彫刻にかわることと思います。

50/50(フィフティーフィフティー)

天気予報が当たって今日の午後から雪が舞い始めました。


ほんの数時間で、山全体の木々は雪を纏いはじめ、ツリーランには静かに雪が積もり始めました。
このまま冷え込んで雪が降り続けば明日は「チョーやばい」(とてもすばらしいと言う意味です)日になりそうです。
ですが、もし中途半端に雪が止むか、温度が上がって雨に変わるようだと「とても大変な雪」になってしまいそう…。
神のみぞ知る明日の状況。50/50ですが、明日は滑るつもりで準備をして、今日はビールでも飲んで早く寝ましょう。

2009年2月21日

ビールのテイスティングセット。

ウイスラーのブリューハウスと言うレストランでは、自家製の地ビールをつくっています。

このレストランで「ビア・テイスティングセット」というと写真のようなセットを持ってきてくれます。


写真は2セット分で、7種類のビールが2コップづつ用意されてます。

かる~い感じのビールから、「コーヒー?」って思うぐらい濃いビールまでいろいろな種類が楽しめます。
筆者のお気に入りはシーゾナル・ビール。レストランのビールのメニューにのっていないビールですが、コクもあって飲みやすく美味しかったです。

このテイスティングセットは有料ですが、いろいろな種類が飲めて、そんなに高くはないので、ビールの好きな人にはお勧めです。

2009年2月20日

リュージュのWC開催中。

ウイスラーでは今日と明日とリュージュのWC開催中です。

今日は女子リュージュとリュージュダブルス(男子)が行われました。


このオリンピックのテスト大会も順調です。

2009年2月19日

DAVE MURRAYさん。

ウイスラークリークサイドに貼ってある古いポスターです。

Whistler. The mountain will move you.
(ウイスラー、ここでは山があなたを動かします)

Photo By Murakami

写真のスキーヤーは、オリンピックの男子滑降コースに冠されているデイブ・マリーさんです。

2009年2月18日

エアーダンシング。

今、マウンテン広場の一角で空中にぶら下がって踊っている人たちがいます。



これはウイスラーアートカウンシルのイベントのリハーサル中。

アート、スポーツ、エンターテイメントの街として認知されつつあるウイスラーですが、
毎日のように何かしらのイベントが行われています。

いろいろ情報を集めて楽しんでください。
また、J-ステーションのスタッフにもお気軽にお尋ね下さい。

2009年2月12日

オリンピック・トーチのデザインが発表されました。

2月12日の本日朝、オリンピック・トーチのデザインの発表がウイスラーのビレッジ広場でなされました。
 


今日の夕方5時40分からはオリンピックのカウントダウン・イベントの予定です。

2009年2月11日

明日はオリンピックカウントダウン。

明日はオリンピックカウントダウン。
でも今日からビレッジはとても盛り上がっています。

ビレッジ広場では野外コンサート。
明日は5時40分からカウントダウンですよ~。

さらにさらにGLCメニュー。


JTBだけの特典、GLCの15%割引。

GLCのさらなるお勧めメニュー。
ナン・ブレッドに3種類のディップ。
盛り合わせ方も星みたいできれいです。

2009年2月9日

11cmの新雪。

今日は11cmの新雪が降った上に予想に反していい天気。


ブラックコム氷河コースや、シンフォニーエリアは最高でした。

フランツさんの看板。

オリンピック女子ダウンヒルコースの入り口に新しい看板ができました。

このコースはフランツズ・ラン。


ご覧のようにフランツさんの写真が載っています。このダウンヒルコースの大まかなプロフィールも出ています。時速140kmにもなるコースでトップは1分40秒ぐらいでゴールするとの事です。

是非、オリンピックの前にコース全体を制覇してみよう。

オリンピックのときのTVの見方が変わると思いますよ。

2009年2月8日

4人乗りボブスレー。

今日はワールドカップは4人乗りボブスレーでした。

すごい迫力で楽しかったです。今日はカナダチームは4位に入賞して盛り上がりました。



毎日3000人ぐらいが観に来ていたみたいです。スライド系のテスト大会も大成功だったようです。
次は20日21日とルージュですよ~。

2009年2月7日

五輪テスト大会のボブスレー開催。


ウイスラー・スライディングセンターではボブスレーのWCが開催されています。
今日は二人乗りボブスレー。日本の女子チームも18位と健闘しました。

明日は4人乗りボブスレーです。チケットは5ドル。詳しくはJステーションでお尋ねください。

2009年2月6日

オリンピックのテスト大会、スケルトン開催。

 来年のオリンピックのテスト大会であるワールドカップのスケルトンが開催されました。



 ここはとてもスピードのでるコースで、ちょとしたミスが大きな減速につながってしまう緊張の連続のコースだそうです。
 男子はカナダ人が地元の利を生かして1位と3位にはいりました。

2009年2月4日

ボブスレーとスケルトン。

現在、ウイスラーはスライド系のワールドカップの真っ最中。
2月5日はスケルトン。
2月6日は二人乗りボブスレー。
2月7日は四人乗りボブスレー。

山にいてもビレッジにいても。

 この月曜日は14cmの新雪、過去1週間で25cmの新雪が降りました。

 新雪が降った月曜の朝、フレッシュトラックと朝食ツアーの列はかなりの行列。


 ただ、いきなり新雪が降った場合、ハイアルパインエリアは雪崩の危険が高くなるために、雪崩コントロールやパトロールのチェックが済まないとオープンしません。この日もオープンしませんでした。

 以外とお勧めなのは雪が降った後にオープンしたハイアルパインエリアなのです。
 雪が降れば当日も良し、次の日も良し。天気が良くなればまたそれも良し。


 ビレッジではウインタープライドの真っ最中。


 山に登っても、ビレッジにいても楽しいウイスラーです。

2009年2月2日

チックピー(ひよこまめ)レストラン。

ウイスラー山にあるチックピーレストラン。


中に入ると時計が沢山。


日本の時間もひと目でわかります。


お食事をオーダーするところはちょっとデリっぽく。


ここはシナモンロールがとってもお勧め。


また、ここのメディテリニアン・サンドイッチもとってもお勧めです。