2010年12月31日

フレッシュトラックに行こう!!

12月19日からはじまっているフレッシュトラック。毎日650人限定。

まずはウィスラー山のラウンドハウスまで、ビレッジの夜景を見ながらゴンドラに揺られてあがります。

夜景が本当に幻想的。


そしてまずは朝食です。

みんな沢山食べよう。


バッフェスタイルなのでとり放題です。


朝焼けを見ながらの朝食は最高です。




ガイドさんと一緒なら朝一番のお勧めコースもバッチリです。

是非、ガイドさんと一緒に行ってみよう。フレッシュトラックが3倍は楽しいですよ。

2010年12月29日

ダンスダンスダンス。

今日の夕方4時ごろ。

ビレッジ広場で、急にダンスミュージックが流れたと思ったら、どこからともなく私服の女の子たちが集まってきて、みんなでそろって見事なダンスを披露。



ダンスミュージックが終わったら、さりげなく散っていきました。


なんかTVのコマーシャルみたいですごくかっこよかった。

2010年12月27日

ウィスラーホリデイ・エクスペリエンス

ホリデイシーズンで人が溢れているウィスラーです。

この時期は滑ることが主な目的ではないお客様も結構いらっしゃいます。

で、おすすめはウィスラー・カンファレンスセンター内にオープンしているウィスラーホリデイ・エクスペリエンス。

まだペンキが乾ききっていないけれど設置されている写真ポイント。


何故かウィスラーの夏の風景をバックに写真撮影です。ちょっと不思議な感じ。


大人がやっても楽しいミニゴルフ。


エアーキャッスルやエアー滑り台。


ピンポンや卓球、テーブルサッカー、もちろん軽食がとれるラウンジも設置されています。

12月31日はお休みですが、1月2日までずっとオープンしています。

スキー場からちょっと早めに降りてきて、こんなところで遊んでみるのも楽しいですよ。

2010年12月25日

ビッグ・クリスマスプレゼント

12月24日、29CMの新雪、25日、44CMの新雪と大雪のウィスラー。



これはもう子供たちにはビッグなクリスマスプレゼント。



地元っ子たちは大喜びでどんな所でも滑りまくっています。



ガイドさんと一緒なら安全に色々なコースやレストランのおすすめメニューなど聞きながら楽しく滑れること請け合い。

一番人気のオプションは午後の延長プラン。
そして次に人気なのが、ガイドさんと一緒にいくフレッシュトラックと朝食。

ウィスラーを安全に楽しんでください。

2010年12月22日

GO SANTA GO

サンタが街にやってくる!!



ウィスラーのサンタはエンターテイナーです。

2010年12月20日

ファイアー&アイスショーが始まった。

12月19日からファイアー&アイスショーが始まりました。

毎週日曜日の午後6時30分にはウィスラーゴンドラ横のスキーヤーズ・プラザに大集合です。


一番前にいると色々な景品が当たる可能性があります。
昨日は、一番前にいたウィスラーっ子、「歌を歌って」と言われて“オーカナダ”(カナダ国歌)を歌い始めました。とても上手に歌い、しっかり景品をゲット。

更には、「この場にネクタイをしてきた人」と言われたけれど誰もいませんでした。「左側通行の国から来た人免許みせて」と言われてオーストラリアの人が免許をみせて景品ゲット。

そしてショーはファイアーダンスから始まります。


そしてスクールのインストラクターの火の輪くぐり。ウィスラーのインストラクターはプロが何人もいます。


最後は花火が上がって45分間のショーは終了。

日本からいらっしゃる方で、日曜日の夜が日程に入っていたら、是非ご覧になってください。

詳しくはウィスラーJ-ステーションにお尋ね下さい。


さて、バンクーバーはクリスマスイルミネーションがとても綺麗に飾られていますが、ウィスラーも綺麗なイルミネーションがありますので、ご覧下さい。


一押しは、オリンピックセレブレーション・プラザのそば。


2010年12月19日

ワッフルゾーン。

ワッフルゾーンと言われるクリスタルハット。


ここは、ブラッコム山にあるゲレンデレストランの一つです。
大きな丸太を使っていて、景色のよい一押しの山小屋風レストラン。

中に入るとAEDでしょうか?
日本とはちょっとマークが違うみたいですね。


で、ワッフルはこれです。
名物です。ウィスラーに来たらはずせないメニューですよ。



フレッシュトラックも始まり、今日からファイアー&アイスショーも始まります。

ノンストップ・ウィスラー。

2010年12月17日

ウィスラー、クリークサイドまで滑れるよ。

天気がとってもよく写真日和のウィスラー。

一押しはやはりウィスラー山の頂上に立つイヌクシュクですね。


そして今日のビッグニュースは、今日からクリークサイドまで滑れるようになったこと。

クリークサイドまでフランツランで滑って降りると、オリンピックのゴールエリアに立つ緑の5輪マークに行き着きます。
ここも一番の写真ポイント。、



さらにゴールエリアには新しい看板が立っています。

ウィスラー山で行われた5輪とパラリンピックの金メダリストが書いてあるんです。
パラリンピックでは日本人も金メダルをとっていますので見つけてみてください。


さらにピーク2ピークゴンドラも景色がとってもよくてお勧めです。



ウィスラーを知り尽くしたガイドさんと一緒に滑ってみてください。
楽しさ倍増間違えなしです。

2010年12月15日

今日のスペシャル

本日も雪の良かったウィスラーです。

ところで、ウィスラー山のラウンドハウスは、1階部分と2階部分でレストランの名前が違うのをご存知ですか?

1階部分はピカスといいます。


ウィスラー山、ブラッコム山のゲレンデレストランはそれぞれ特徴があって、用意されているメニューも個性があります。


今日、紹介するのは、ピカスレストランの「今日のスペシャル」


シェファードパイ、なんか美味しそうですね。スペシャルメニューは結構替わるので、是非ウィスラー山で滑ったときの楽しみの一つにしてみてください。

他にはピザ、パスタ、ポテト、パイ、スープ類、グリルの方からバーガーやホットドッグなど。
パニーニやサラダなどもとてもお勧めです。


さて先日オープンしたばかりの隠れ家的エリアのマジックキャッスル。
JTBのパンフレットでも紹介されています。


ウィスラーは何回きても新しいことの発見があります。

皆さん、安全に楽しまれてください。

2010年12月12日

7thヘブンリフトがオープンしました。

12月11日、ついに今年の7thヘブンリフトがオープン。

ますます楽しく大きく広がるウィスラー。
今年も絶好調で楽しくなっています。

ウィスラーは3回目だけれど、今まで7thヘブンに行けなかったというお客様もいらっしゃいましたが、昨日は無事にガイドさんと一緒に7thヘブンに行き、景色を堪能。

リピーターの方こそ、ガイドに参加してみてください。新たな発見があること間違えなし。


ところでこの写真は、「歩く3脚」っというか、ガイドさんが景色のよいポイントを選んで記念撮影をしているところ。
その日その日の景色のよいポイントなど知り尽くしているのも現地のガイドさん。この写真ポイントはウィスラー山をバックに綺麗な写真が取れるポイントなんです。

ちなみに今年のウィスラーガイドはジャケットが赤ですが、パンツはガイドによって違う色を履いています。
この青パンツはガイドのASAMIさんです。写真大好き、飲み会大好き。懇切丁寧なガイディングが評判。




この日オープンの7thヘブンははずしません。



実はいろいろなイベントが盛りだくさんのウィスラー。毎日が学園祭のよう。
ウィスラー老舗のSレストランはオープン25周年記念で25%割引で食事が楽しめます。


こういった情報は是非、ウィスラーJ-ステーションに気軽にお尋ねください。

2010年12月10日

今日からブラッコム山のグレーシャーチェアーがオープン予定!!

今日からブラッコム山のグレーシャーチェアーがオープン予定です。

今日はすごいことになりそうだ!!

今日はウィスラーブラッコムの公式サイトのビデオルームを紹介しちゃいます。
こちら!!

色々な季節のビデオがあって面白いですよ。

2010年12月6日

ゲレンデレストランもメニュ-が豊富。

ゲレンデレストランのメニューの一部を紹介します。

今回はウィスラーラウンドハウスのメニュ-から。

アジアンフードとして昨年からはじまっているのがベトナム料理のホー。

のせる具材はチキンやベジタリアン用の具材から選ぶことが出来ます。


続いて思い切り食べたい人。フィシュ&チップス。

フィシュフライはからっと揚がっていて、タルタルソースで食べるととても美味しいです。



サラダはスモールサイズでも量が沢山あります。
色々なサラダから選べますが、これはフルーツサラダ。


ウィスラーのゲレンデレストランでは、ビールなどお酒を飲まなければ大体15ドル前後のお値段になります。

世界中から沢山の人が集まってくるウィスラー。
ゲレンデレストランも色々なメニューが楽しめます。

「こんなメニュー美味しかったよ」なんて情報があったらJ-ステーションに教えて下さいね。

2010年12月4日

ピークチェアーがオープン。

12月3日に今シーズンのピークチェアーがオープンしました。


景色最高!!!


BRAVO!!!!



今日はハーモニーチェアーがオープンする予定です。

2010年12月2日

最近話題の見所

今年話題になっている見所が、ウィスラー町の入り口に立っているイヌクシュク。

「ウィスラーに入ってくるときに見たあれはどこにあるんですか?」、そういう質問が何回かありました。

今年のJTBでは、バンクーバーからウィスラーに入ってくる道順が昨年までとはちょっとだけ変わりました。ウィスラー営業所の所長のアイディアで、「ウィスラー入り口のイヌクシュクを見てもらおう」ということでこのライトアップされたイヌクシュクのところを曲がってくるルートになりました。


一押しの写真ポイントですよ。


オリンピックのときのセレべレーションプラザも模様替えが進んでいます。
プラザの一角にはパラリンピックのマークが設置されています。



こちらのほうはお馴染み。
昨年からあったオリンピックのマーク。


何回もウィスラーにこられていらっしゃる方も増えています。
でも毎年毎年新しいウィスラーがありますので、いろいろ新しい発見を楽しんでください。

2010年12月1日

JTBならここがお得。

JTBでウィスラーに来られるお客様。

JTBゲストのみ。


GLCレストランでお食事が15%引きになるチケットです。

GLCとはガリバルディ・リフト・カンパニーの略。
場所はウィスラーのビレッジゴンドラ乗り場の2階になります。


スキーやスノーボードのインストラクターが、一日の仕事を終えて一杯飲む定番のレストラン。
「安くて旨い」と評判を聞いて夕方から夜にかけてはいつも沢山の人で賑わっています。

穴場の時間としてはランチタイム。ゲレンデの山の上のレストランが混んでいる時など、ここまで降りてくればゆっくり食事が楽しめます。

お値段からすればB級グルメかもしれませんが、ゴルゴンゾーラポテトなどはここにしかないメニュー。
格子状にカットしたポテトフライに、ゴルゴンゾーラ・チーズのヂュップをつけて食べるもの。


他にもいろいろなメニューがありますので、試した方は是非JTBウィスラー店までお知らせ下さい。

2010年11月29日

What's new?(今年のエンジョイキャンペーンの新しいこと)

今シーズン初のお客様、早速ガイドと一緒にスキー、スノーボードを堪能されました。

ウィスラー・エンジョイキャンペーンのガイドツアーでは、今年は奇数日がブラッコム山、偶数日がウィスラー山のご案内になっています。(これが今年新しいところ、昨年は基本的にブラッコム山のガイドでした)

なので二日続けて参加されると、両方の山を思い切り楽しむことができます。


初心者の方だったら、より安全に。
また上級者の方だったら、より多くの隠れ家的なコースを。


こちらがデジタルパンフレットです。隠れ家的エリアの紹介が載っています。)

そして自分達だけで思い切り楽しみたいならプライベートガイドがとってもお勧め。
希望をガイドにお申し付け下さい。

ピーク時には両山で200以上あるコースの中から、その日に最も楽しめるコースをチョイスしてガイドがご案内します。

2010年11月28日

B級グルメの紹介

ウィスラーでB級グルメといったら、やっぱりまずはパブ系レストランでしょう。

ちょっと浮かぶだけでもダスティーズ、GLC、マーリンズ、ブラックス、ロングホーン、クリスタルラウンジ、シナモンベアーバー、チッタ、タプリス…。
勝手にB級グルメだなんて言ってはいけないようなところもあるけれど、「ちょっとお手軽なお値段でがっちり食いたい!!」って言ったらパブ系レストランがやっぱりお勧め。

そんなパブ系レストランの定番メニューを今日はお二つ。

まずはナチョス。


このメニューはどこのパブ系レストランにもある定番メニュ-。それぞれのお店でじゃっかん内容は違うかもしれないけれど、ビールで乾杯してみんなで食べるにはお勧めの一品。

コーンからつくったチップスにチェダーチーズ、ハラピノ(これが辛い)、トマト、オリーブ、赤ピーマン、ねぎ、たまねぎ、ビーンズなど。お好みでチキンとかビーフものっけられる。
これをサルサやサワークリーム、アボガドのワカモレをつけて食べる。

う~ん、ビールがすすむ。




続いてはこれも定番だがサンドイッチ。もちろんバーガー系でもOK。


これにもたいがいポテトフライは付き物。このパブではオニオンリングもあったので、ハーフ&ハーフで頼んでみました。
とにかくカロリー満点。寒かった日や滑った後のお腹にはぴったり。

これからもB級グルメ紹介しますね。

新しいカテゴリー“B級グルメ@ウイスラー”つくりましたからみてください。

また、これぞウィスラーのB級グルメってあったらウィスラーJステーションに教えて下さい。

2010年11月27日

サンタと写真

昨日と今日、ウィスラーのアートカウンシル主催でバザールビザールというイベントが開催されていました。

ウィスラーのカンファレンスセンターでは沢山のブースが出店していて、この中を歩くだけでも楽しく、
写真や陶器、クラフト、ハンドメイドの帽子、自家製のチョコレートやパン、ドレッシング等見て試食して。。。
スキーをしない人でも充分楽しくウィスラーで過ごせるし、滑った後にでも楽しくすごせました。



そして今日のメインはサンタと写真。


ところでゲレンデですが、今シーズンの新しいものがお目見え。


このカフェですが、ブラッコム山のエクスカリバーゴンドラからエクセレレーターチェアーへの乗り継ぎ場所に設置されています。
なかなか味なことをやるな。
まだまだ新しい発見が今年もあるかもしれない。

週末だけはグレーシャークリークレストランも営業しています。


晴れ間も見れて暖かくなってきたウィスラー。とても過ごしやすい週末です。

マウンテンスクエアでは、除雪で出来た山に子供たちが登って滑って遊んでいました。



「ウィスラーにくるとみんな元気になりますね」というのはあるショップのオーナーの言葉。

つい最近日本から戻ってきました。


日本の皆さん、ウィスラーにくると元気になりますよ。
ここは集まってくる人の“元気”によるパワースポットです。

2010年11月26日

21センチメートルの新雪!!

昨日から降り始めた雪は今日、21センチメートルの新雪になりました。

昨日帰る前に駐車場に停めてあったウィスラースタッフの車ですが、こんなに積もっていました。


今朝は21センチの新雪と聞いて沢山の人が滑るためにリフト開始前より並んでいました。


本日すべりに行ったウィスラースタッフは「ウィスラーはもう中間駅まで滑れるようになっていますよ」とのこと。
昨日からブラッコム山もオープンしているし、一雪ごとに滑れる範囲が広がっていきます。


ところで、ウィスラーには“20センチメータールール”というのがあるのをご存知ですか?
これは

「20センチ新雪が降ったら仕事に遅れることはやむ負えないこと」とされる暗黙のルール。

普通の社会人であれば、「雪で道が混んだりするから」「家の前の雪かきがたいへんだから」とか考えるかもしれませんが、ウィスラーでは、“その遅れる理由”は聞いてはいけないことになっています。

というのは、多くの人が大雪が予想される前日は、ビールでも飲んで早寝して、朝早くから起きて山に滑りに行ってしまうのが本当の理由と言われているからです。。

大人の誇りとしてまさか「滑っていて遅れた」などと言えないし、理由を聞いてその大人の誇りを傷つけてはいけない。。。。

「まさか子供じゃあるまいし、」という人はまだ山を知らない人の言葉???



それはさておいて、夏のウィスラーで仕事に遅刻する一番多い言い訳は何でしょう?



「いやあ、家の前にクマがいて外に出れなかったんだ」。。。。


多くのウィスラー人が実際に使ってことのあるいい訳だそうですよ。