2010年7月30日

ブラッコム山側のハイキングコース。

この2週間ぐらいで急速に雪解けの進むウィスラー。

1ヶ月前は、「今年は山上ハイキングはできないなあ」なんて思っていたけれど、8月上旬のロングウィークエンドを控え、ブラッコム山でハイキングコースがオープン。

ウィスラー山でもピーク付近のインタープリティブ・トレールなどがオープンしているけれど、ウィスラーブログとしてはブラッコム山側が結構お勧め。

昨年夏から営業の始まったP2Pゴンドラとともに、再オープンしたブラッコム山側のハイキングコース。
森林限界線エリアからハイアルパインエリアにかけてのコースはアップダウンが比較的少ない割には、とても変化にとんだ景色を眺められる。ビレッジで暑くても、山の上は心地よい風が吹いている。

ここでは気負わなくても簡単に綺麗な風景を楽しむことができる。

まだ残雪が残る場所が多いので注意が必要だけれど、この残雪の時期のハイキングは雪や花、岩、青い空がすごい綺麗。






こちらは今が盛りと咲き乱れている岩ひげやつが桜。


ここでは一面の岩ひげの花が咲いていました。


花の時期が短いアネモネ。すぐにわたぼうしになってしまうので、花を見かけたら写真を撮ろう。


このフィッズシモンズルックアウトまで、15分~25分ぐらいでついてしまいます。



ここから一周するもっともやさしいコースだと、30分からゆっくり歩いて1時間ぐらいのコースです。
このコースだけでも景色の変化や花を十分楽しむことができます。


今年の夏は、今が一番綺麗かも…って思わせるウィスラーからでした。


ロングウィークエンドはとても混みそうです。

2010年7月28日

オリンピックの名残の場所へ。

このところ暑い日の続くウィスラー。

日本の暑さとは比べ物にはならないのかもしれませんが、日差しが強いので、体感温度は実際の気温より高め。
ウィスラーに来られる方は、日差し対策で帽子は必ずご用意ください。

ところで、今日は、オリンピックの名残の場所。
ウィスラーオリンピックパークをご紹介。

バイアスロン競技の行われた場所は、いまでもご覧のようにゴールエリアが残っています。
ここは写真スポット。




また、射撃を行っていたところには、今でも緑の5輪が立っています。


暑い日の続くこのごろ。


ちょっと冬のことを思い出してもいいかもしれませんね。

2010年7月26日

クマさんとの共存。

世界的なリゾートのウィスラー。

元々は大自然の中だった場所。最初に山ありき。

この街はクマとの共存を選んだ街。

だから、ゴンドラやリフトからクマさんを見かけることが多い。



でも、絶対に注意しなければならないのは、クマさんは野生だと言うこと。
絶対に近寄りすぎたり、クマさんを追い掛け回したりしてはいけないということ。またいたずらに驚きすぎてもいけないということ。

共存してゆくには互いにマナーが必要です。
実際には、あまりに人里に近づきすぎるクマさんは、捕らえられて山奥の方に連れていかれたりもします。。。

詳しくはこちら。
http://www.bearsmart.com/


今日は、あまり知られていませんが、結構リッパなアレキサンダー瀧をご紹介。
駐車場から近いんですよ。

2010年7月22日

高山植物がかなり見ごろ。

暖かい日が続き、本格的な夏に突入した感じのウィスラー。

雪を頂く山では、雪解けのところから、高山植物が先を急ぐように咲き始めています。


花の期間短いアネモネなんかも、咲いている姿を見かけるようになりました。


ますます楽しみなウィスラーです。

2010年7月19日

ウオーターウオーカー。

再び暖かいウィスラー。

こんな日のお勧めはウオーターウオーカー。カヌーとかカヤックをするのがお勧め。


エンジンを使わないカヌーとかカヤックは、まったく水の上を歩くような感覚。
ゆっくり漕いで、景色を眺め写真を撮るだけで、心地よい風になれます。

カワウソやビーバー、湖の上からクマを遠くに眺めることもできます。



カヌーに乗っていたら、本当に水の上を立って乗っている人たちに出会いました。


これは本当にウオーターウオーカー。


どうもバンクーバーの入り江でもこのスタイルで水を漕いでいる人たちを見ることがあります。


カナダの夏は短いです。

いろいろ楽しみましょう。

2010年7月14日

雪?

暑い日に雪?


そんな気がしてしまうぐらい、木の根元が白くなっています。


でも実はおとといは、ウィスラーゴンドラの降り場(標高約2000m)で雪がちらつくほど寒かったのです。


でも実はこれはコットンウッドの木。

木の実がはじけると、コットンのような羽が風に乗って空に舞い上がります。


この綿のような羽にのって、小さな小さな木の種が飛んでゆくのでしょうか?

そんな様子を見ていたら、
リスが、はじける前の木の実をもって走ってゆきました。

2010年7月11日

急激な雪解け。

この1週間、ウィスラーでも連日30度近くに温度が上がっている。

実際の日差しはきついので、体感温度は35度ぐらいか?

そのため、この数日急激に雪解けが進んでいて、グリーンレイクほとりのバレートレールが浸水。深いところでは膝上ぐらいまで水がきている。


写真の黄色い線がバレートレールの小路。バレートレールに写る山の景色は結構珍しいかも。


ついにはボートで遊んでいる子供たち発見。




でも、この湖のほとりにあるビーバーダム。



もしかしたらビーバーだけは仕事がしやすくなっているのかもしれませんね?

2010年7月9日

ウマ、クマ、マーモット。

ちょっとこの数日で関係した動物を並べました。


ウマは乗馬。ブラッコム山の麓から出発するツアー。



クマはオリンピックパークへの道すがら。
今年はクマ牧場並みにクマ見ます。


今年は見ないかも…と思っていたマーモットくん。ウィスラー山の頂上で出会いました。


ウィスラー、最近は高校生の修学旅行でも大人気です。

2010年7月6日

ピークチェアー!!!

残雪のたくさん残るウィスラー山。

ラウンドハウスから雪の間を縫ってピークチェアーまでおりて、頂上へ。

7月からやっとオープンした今年のピークチェアー。
山頂のイヌクシュクは写真ポイントとして大人気です。


ウィスラーピークからちょっと歩いてみましょう。

実はこんな雪の壁。


吹き溜まりのところはもっと高い雪の壁になっています。


でも、今年初めてとも言える本格的な夏日の今日は、こんな雪の壁もとても気持ちよいです。


日本からも高校生たちが研修旅行でウィスラーにきているのを見かけます。

山に登るとクマさんを見る確率もとても高く、ほぼ毎日見かけることができます。


ウィスラーにきたらとりあえずはゴンドラで山に登ってみましょう!!

2010年7月4日

再び5輪マークが登場!!

オリンピック、パラリンピックが終わって、ずっとなくなっていた5輪のマークが再びウィスラーに登場しました。

もう写真スポットとして大人気。



5輪のときはメダル授与式の行われていた会場。

これから、公共の集会所としてリニューアルされるみたいです。



いまはまだ工事中ですが、壁には5輪のときの写真がたくさん飾られています。


あのときの感動が再び思い起こされますね。

2010年7月1日

カナダデー。

7月1日はカナダデー。カナダのお誕生日です。

ウィスラーでは昼間にパレードがあり、夜はみんなで花火を見ました。