2010年10月18日

テーマは“隠れ家”

雪が降る前から、「今年は雪が多い」とウワサのウィスラー。

今年のテーマはずばり“隠れ家”です。


早速ウィスラーを申し込んだけど、飛行機待ちという人もいるようです。

2010年10月17日

秋晴れ。

秋晴れのウィスラー。

こんな日曜はとりあえず外に出よう。
晴れた秋のウィスラーって、綺麗なんですよ。
特に、山に雪が降った次の日。


何をするでもなく、外食なんぞがお勧め。

とあるレストランはとても混んでいました。






秋のウィスラーってパワースポットだと思います。

新しくウィスラーにやってくる人たちのパワーが溢れかえっているように感じます。


ここにきて、ゆっくりして美味しいものを食べてパワーをもらってください。

2010年10月15日

朝起きたら山が真っ白。

昨日寒かったと思ったら、山が結構真っ白になっていました。

マーケット・プレースから見ると、紅葉の色と山の白さがとても綺麗でした。


冬が近いですね。

日本では、富士山ろくのイ○ティスキー場がオープンしたそうです。
10月下旬にはインドアの狭○山スキー場もオープン。

さあ、ウィスラーにいく準備ですね。

2010年10月14日

ウワサでは。

まだ雪もろくに降らず、紅葉真っ盛りで秋のオクトーバーフェスティバルも終わっていないというのに、「今年は雪が多い」とか、「オフィシャルの11月24日オープンより前にスキー場が開くらしい」とか、ほとんど希望的観測でしかないウワサがウィスラーには飛び交っています。

みんな、このあいだのターキーセールで冬物沢山買ったんでしょ???

早く滑りたい気持ちは分かるけどネ。

2010年10月13日

屋根つき橋

秋の深まるウィスラー。

ターキーセールも終わり、いよいよ冬を待つばかりとなって来ています。

ウィスラーにはびこるウワサですが、今年はラニーニャ現象がおきているので、「絶対に大雪だ!!」と皆さんが言っています。
まだ雪も降っていないのですが、勝手に、「今年は11月12日にオープンするらしいぞ」と気の早いウワサも流れまくっております。

それだけ期待感が高いんでしょね。


ところで、ウィスラーの写真ポイント。

屋根つき橋


ここで記念撮影をする人も結構多いんですよ。

さて、秋といえば食い気です。


ウィスラーでもマツタケが採れはじまった様な…。


さて、美味しいマツタケのお土産はこちら

2010年10月11日

夏のピーク2ピークの最終日。

カナダの感謝祭休日の今日も、ウィスラーは混んでいました。

これからが本格的な秋、そして冬の準備です。
ウィスラーのゴンドラも、ピーク2ピーク・ゴンドラも雪が降るまでしばらくお休み。

ウィスラーのゴンドラはミッドステーションの駅の中で、外側や内側のグラスの部分の大掃除が始まっていました。

この冬には綺麗になったゴンドラで、新たな気分で再スタート。

MTBダウンヒルも今日が最終日。


グラスフロアのシルバーゴンドラからは、フィッッシモンズ川と黄葉がよく見えました。。。


この夏も楽しかったです。ピーク2ピーク、ありがとう!!!

2010年10月10日

ファーマーズ・マーケット最終日。

カナダの感謝祭休日を向かえ、本日が最終日のファーマーズ・マーケット。


とても良いお天気に恵まれ沢山の人でにぎわっていました。

2010年10月8日

賑やかなウィスラー

今日から始まったターキーセールで、ウィスラーはものすごく賑やかです。

この冬のために、いかにみんなが力を入れているか、セールの場所からは熱気が溢れてきます。


実はこんなのはほんの一部。洋服のコーナーもものすごい人だかりでした。


そんなわけで、ものを買わなくてもお腹の空いちゃうターキーセール。

そんな時、ちょっと人気のスープ屋さんでランチ。

こちらはビーフシチュー。


こっちはフレンチオニオン。


マルチグレインのパンをつけて、溢れるばかりのスープ。

小腹いっぱいというよりお腹いっぱいになっちゃいます。

2010年10月6日

ピンクに。

10月は乳がん撲滅月間。
ピンクリボンがシンボルですね。

日本でも、東京タワーやいろいろなビルディングがピンク色にライトアップされているようです。

カナダではナイアガラの滝がピンク1色になるのは有名な話。今日からオタワの国会議事堂がピンク色にライトアップされるとか?
ニューヨークではエンパイアーステートビルがピンク色になるそうです。

誰か、「大統領になったらホワイトハウスをピンクにする」なんていっていた人もいたような?

ピンクリボンというと、どうしても紹介したくなるのがカナダのピンクリボンの25セントコイン。


もちろん正式なコインです。


世界遺産のタージマハルも、太陽の光を浴びてピンク色に染まることがあるようですが、ウィスラーでは冬に真っ白な雪が太陽の朝日か夕陽をあびて、なんとも幻想的なオレンジピンクになることがあります。
一般的にALPINE GLOW(燃え上がる山々)と呼びます。

是非、今年も冬のウィスラーに来てくださいね。

2010年10月5日

ターキーセール

ウィスラーのビレッジで雨が降っていると、たいていは山の上のほうは雪。

雨の次の日に山を見上げるといつもきれいです。
だんだん秋色に染まった葉っぱも落ち始め、ウィスラーの雰囲気も冬に向かっている感じがします。



今度の週末、感謝祭の時に、ウィスラーで大規模なセールがあります。
名づけてターキーセール。

別にターキーを売るわけではありません。スキーやボード、冬のウエアなど、この冬のギアを大々的にセールしちゃうのがターキーセール。


ローカルはこれがとっても楽しみ。

この冬の夢や目標を託してこのセールに出かけることでしょう。


お近くの方は是非どうぞ。

2010年10月4日

BC州の鳥。

ウィスラーのネイチャートレールを歩いていると、時々見かけるこの鳥。


実はこのうるさくて、ちょっと目立つブルーの鳥はブリティッシュコロンビア州(BC州)の鳥なんです。
名前はステラーカケス(ステラーJ)。

有名なカケスではブルージェイがいますが、ブルージェイは東のほうの鳥。もっと明るい青で、もう少し羽に模様が入っていて、若干小さいサイズなんです。

このステラーカケス、見かけたら顔の辺りをよく見てください。
目の上にちょっと眉毛っぽく若干色が薄いところがあるんですよ。(ちょっと麻呂っぽい眉???)

コネタでした。

2010年10月2日

バーケンヘッド川

ウィスラーから車で50分ぐらいでしょうか?

激流下りラフティングを行う川としても知られるバーケンヘッド川。
まだ本格的ではありませんが、サーモンが産卵のために遡ってきています。


30分ぐらいずっと見ていましたが、自然の営みの不思議さや崇高さに圧倒される思いです。


バンクーバー発で、こういった自然の営みであるサーモンの遡上をみるオプションもありますので、是非参加してみてください。