2010年11月29日

What's new?(今年のエンジョイキャンペーンの新しいこと)

今シーズン初のお客様、早速ガイドと一緒にスキー、スノーボードを堪能されました。

ウィスラー・エンジョイキャンペーンのガイドツアーでは、今年は奇数日がブラッコム山、偶数日がウィスラー山のご案内になっています。(これが今年新しいところ、昨年は基本的にブラッコム山のガイドでした)

なので二日続けて参加されると、両方の山を思い切り楽しむことができます。


初心者の方だったら、より安全に。
また上級者の方だったら、より多くの隠れ家的なコースを。


こちらがデジタルパンフレットです。隠れ家的エリアの紹介が載っています。)

そして自分達だけで思い切り楽しみたいならプライベートガイドがとってもお勧め。
希望をガイドにお申し付け下さい。

ピーク時には両山で200以上あるコースの中から、その日に最も楽しめるコースをチョイスしてガイドがご案内します。

2010年11月28日

B級グルメの紹介

ウィスラーでB級グルメといったら、やっぱりまずはパブ系レストランでしょう。

ちょっと浮かぶだけでもダスティーズ、GLC、マーリンズ、ブラックス、ロングホーン、クリスタルラウンジ、シナモンベアーバー、チッタ、タプリス…。
勝手にB級グルメだなんて言ってはいけないようなところもあるけれど、「ちょっとお手軽なお値段でがっちり食いたい!!」って言ったらパブ系レストランがやっぱりお勧め。

そんなパブ系レストランの定番メニューを今日はお二つ。

まずはナチョス。


このメニューはどこのパブ系レストランにもある定番メニュ-。それぞれのお店でじゃっかん内容は違うかもしれないけれど、ビールで乾杯してみんなで食べるにはお勧めの一品。

コーンからつくったチップスにチェダーチーズ、ハラピノ(これが辛い)、トマト、オリーブ、赤ピーマン、ねぎ、たまねぎ、ビーンズなど。お好みでチキンとかビーフものっけられる。
これをサルサやサワークリーム、アボガドのワカモレをつけて食べる。

う~ん、ビールがすすむ。




続いてはこれも定番だがサンドイッチ。もちろんバーガー系でもOK。


これにもたいがいポテトフライは付き物。このパブではオニオンリングもあったので、ハーフ&ハーフで頼んでみました。
とにかくカロリー満点。寒かった日や滑った後のお腹にはぴったり。

これからもB級グルメ紹介しますね。

新しいカテゴリー“B級グルメ@ウイスラー”つくりましたからみてください。

また、これぞウィスラーのB級グルメってあったらウィスラーJステーションに教えて下さい。

2010年11月27日

サンタと写真

昨日と今日、ウィスラーのアートカウンシル主催でバザールビザールというイベントが開催されていました。

ウィスラーのカンファレンスセンターでは沢山のブースが出店していて、この中を歩くだけでも楽しく、
写真や陶器、クラフト、ハンドメイドの帽子、自家製のチョコレートやパン、ドレッシング等見て試食して。。。
スキーをしない人でも充分楽しくウィスラーで過ごせるし、滑った後にでも楽しくすごせました。



そして今日のメインはサンタと写真。


ところでゲレンデですが、今シーズンの新しいものがお目見え。


このカフェですが、ブラッコム山のエクスカリバーゴンドラからエクセレレーターチェアーへの乗り継ぎ場所に設置されています。
なかなか味なことをやるな。
まだまだ新しい発見が今年もあるかもしれない。

週末だけはグレーシャークリークレストランも営業しています。


晴れ間も見れて暖かくなってきたウィスラー。とても過ごしやすい週末です。

マウンテンスクエアでは、除雪で出来た山に子供たちが登って滑って遊んでいました。



「ウィスラーにくるとみんな元気になりますね」というのはあるショップのオーナーの言葉。

つい最近日本から戻ってきました。


日本の皆さん、ウィスラーにくると元気になりますよ。
ここは集まってくる人の“元気”によるパワースポットです。

2010年11月26日

21センチメートルの新雪!!

昨日から降り始めた雪は今日、21センチメートルの新雪になりました。

昨日帰る前に駐車場に停めてあったウィスラースタッフの車ですが、こんなに積もっていました。


今朝は21センチの新雪と聞いて沢山の人が滑るためにリフト開始前より並んでいました。


本日すべりに行ったウィスラースタッフは「ウィスラーはもう中間駅まで滑れるようになっていますよ」とのこと。
昨日からブラッコム山もオープンしているし、一雪ごとに滑れる範囲が広がっていきます。


ところで、ウィスラーには“20センチメータールール”というのがあるのをご存知ですか?
これは

「20センチ新雪が降ったら仕事に遅れることはやむ負えないこと」とされる暗黙のルール。

普通の社会人であれば、「雪で道が混んだりするから」「家の前の雪かきがたいへんだから」とか考えるかもしれませんが、ウィスラーでは、“その遅れる理由”は聞いてはいけないことになっています。

というのは、多くの人が大雪が予想される前日は、ビールでも飲んで早寝して、朝早くから起きて山に滑りに行ってしまうのが本当の理由と言われているからです。。

大人の誇りとしてまさか「滑っていて遅れた」などと言えないし、理由を聞いてその大人の誇りを傷つけてはいけない。。。。

「まさか子供じゃあるまいし、」という人はまだ山を知らない人の言葉???



それはさておいて、夏のウィスラーで仕事に遅刻する一番多い言い訳は何でしょう?



「いやあ、家の前にクマがいて外に出れなかったんだ」。。。。


多くのウィスラー人が実際に使ってことのあるいい訳だそうですよ。

2010年11月25日

ブラッコム山オープン!!

今日からブラッコム山もオープンしました。

それに伴ってピーク2ピークゴンドラもオープンしました。


ウィスラーがどんどん楽しくなってきています。

今晩は大雪の予想。

2010年11月24日

ホエールズ

降雪機で撒いてできた雪の山をホエールと言うそうです。

沢山あるからホエールズ。



もうすぐウィスラーは中間駅まで滑れますよ。


そうすれば短く滑っても4kmのロングランが楽しめます。

2010年11月22日

トップシーズンの雪

寒気の入り込んでいるウィスラー。

ゲレンデの雪質はいきなりトップシーズンです。

そして今日は青空が広がりすばらしい景色を見ることができました。





今日は日曜日なので、リフトも若干混んでいました。


公式オープンはまだ先ですが、今すぐにでも滑りに来ていただきたい気持ちです。

2010年11月20日

今のウィスラー周辺、お勧めポイント

寒気の入り込んでいるウィスラー。

バンクーバーでも雪が降って、綺麗な雪景色になっている様子ですが、今日はウィスラー周辺の様子をご紹介。

お隣スコーミッシュでは、すこしづつ白頭鷲が越冬のために集まって来ています。
ここに集まってくる白頭鷲はBC州北部やアラスカのほうからやってくるとのこと。

目的は餌となる鮭。

イーグル・ランといわれるスコーミッシュの白頭鷲見学の場所では対岸で鮭を突いている白頭鷲を発見。


もちろん木に留まっている白頭鷲や舞い飛んでいる白頭鷲を見ることもできます。

で、今日はアザラシも海から川に鮭を追いかけて上がってきていました。


遠方には雪を頂いた山がみえ、とても綺麗な場所です。



続いてはウィスラーオリンピックパークの近くにある、隠れ家的な滝。アレキサンダー滝をご紹介。

後ろ向きで滝を見ている人の名前もTAKIさんだとか????

オリンピックパークまで行くとジャンプ競技の台も雪をかぶっています。


このエリアはカラハンバレーといわれる森の深いところ。

この静かな森には森の精霊が住んでいるかのよう。。。


ウィスラーは見所沢山です。

2010年11月19日

ウィスラーオープン!!

11月19日、今日からウィスラーがオープンしました。

朝から沢山の人が並んでいました。

2010年11月18日

Party Is On!! (もうはじまっているよ)

11月19日、ウィスラー山がオープンします。いよいよホワイトシーズンの始まりです。

外は小雪が降り結構寒いのに、午後8時に見に行ったら、若者たちがリフト乗り場に並んで盛り上がっていました。



一番初めに来ていた人は2時から並んでいるんだって。5時に来た人、6時にきた人。

これからまだまだ集まってきそうな雰囲気。

テントを張って明日の一番に備えて、若者たちは元気いっぱいです。