2012年7月30日

オリンピックプラザでロンドンオリンピックを観戦中

ウィスラーのオリンピックプラザでは現在、スクリーンでロンドンオリンピックの観戦ができます。

 芝生で寝転びながらカナダ人の活躍をみちゃうのも、ウィスラーののんびりした過ごし方。
 もちろん、種目によっては日本人の活躍も見れちゃうと思います。

 お時間のある方は是非、オリンピックプラザの芝生にお越しください。



 ゆったりとして贅沢な時間を過ごしてみてはいかだしょうか?

2012年7月29日

涼しく過ごそうウィスラー。

暑い夏の日、ウィスラーそのものが避暑地なんですが、その中でも涼しく過ごす方法はたくさんあります。

もちろん湖や山に行くことは定番中の定番。

本日は、ウィスラー住宅地近くの噴水を紹介。

 暑い夏の日、地元住人の憩いの場です。場所はメドウパーク。MTBを借りればビレッジから30分ぐらいで到着できます。

 この日はブラックコットンウッドの綿毛もたくさん飛んで本当に夏らしい夏模様でした。

 
 そして、7月1日にグランドオープニングしたJ-ステーション。今まで仮の看板だったのですが、木の看板に架け換わりました。




 ハンギングバスケットの間に白い看板。こちらが目印です。

 皆さん、気軽にお越しくださいませ。




2012年7月27日

ピークチェアーのダック君達

今回はウィスラーのちょっとしたコネタです。

 今一番のお勧めポイント、ウィスラー山のピークチェアー。
 景色が最高なのはもちろんなのですが、ちょっとこちらにも注目してみてください。


 こちらのダック君たち、ピークチェアーの降り場終点にいます。しかも毎日おいてあるところや数も違います。

 実はピークチェアーの乗り場にもダック君がいて、乗り場のダック君も毎日ちょっとづつ違ったところにおいてあったりします。

 ウィスラーのピークチェアーに乗るときや降りるときにちょっと気をつけてダック君を見つけてみてください。

 ピークチェアーの楽しみが一つ増えちゃいます。

 この日のダック君は雪山のブラックタスクをバックに涼しそうでした。

2012年7月24日

水で遊ぶのが楽しい。

数日天候が崩れましたが、再び夏らしい気候が戻ってきました。

やはり、夏といえば水を使った遊びが楽しい。

その中でもカヌー。
アルタレイクのレイクサイドパーク。

ここはカヌーの一番人気のパークです。

遠くにウィスラー山やブラッコム山を見ながらのんびり湖に浮かんでいるのも一興です。

カヌーはもちろんレンタルできますが、J-ステーションウィスラーではオプショナルもあります。
MTBとカヌーツアー(クリックしてください)。ウィスラーらしいアクティビティーのエッセンス満載で、とっても人気があります。


ところで、7月10日の「今日のウィスラー」でご案内した定点観測。

その後です。

まずはサーモンベリー。


このベリーは真っ赤になるものと、オレンジ色で本当にイクラのような色になるものとがあります。
ちょっと酸味がありますが、とっても美味しいベリーです。この数週間がお勧め。

続いてシンブルベリー。


まだちょっと熟していませんでした。8月上旬ごろがお勧めでしょうか?

最後にデビルズクラブ。


こちらはあまり変わらず。じっくりじっくり熟していくみたいです。

こちらの実は人が食べるには苦すぎますが、先住民は髪の毛に塗ったりするそうです。
そうするとつやつやの綺麗な黒髪になるのだとか?

この実がどうなるかはちょっと先のお楽しみ。




2012年7月22日

バンクーバー・シンフォニー・オーケストラ

バンクーバー・シンフォニー・オーケストラの野外コンサートが、ウィスラーのオリンピックプラザで行なわました。

この夏の大きなイベントの一つで、ちょっと寒空だったにもかかわらず、たくさんの人がこのコンサートを楽しみに来ていました。

指揮者が「シーツースカイHWYを車で来るときに、この曲のイメージどおりの豊かな自然だ」と褒めて、演奏してくれた曲がスメタナの「モルダウ」。

豊かな川の流れのような、ゆったりとした自然の流れをオーケストラの音楽で楽しみました。


また、日系の方だったでしょうか?バイオリンのソロリストの方もいらっしゃいました。

豊かな自然を身近に感じながら聞く生のオーケストラは特別なものがありました。

2012年7月19日

涼しそうなイベント。

夏真っ盛りのウィスラーです。

先日とっても涼しそうなイベントが行なわれていました。

THE MOMENTUM SLASHDAWN EVENT


氷河スキーのキャンプに参加しているキャンパーや、そのコーチたちがウォータージャンプを披露。



キャンパーたちは自分たちの課題のジャンプに挑戦。

またコーチたちは、まだ雪上では試していないようなでっかいジャンプや回転回数、もしくは回転軸のジャンプを披露していました。




ソチのオリンピックから正式種目になるスキーのハーフパイプやスロープスタイル。

このジャンパーの中からソチのオリンピック選手がでてくるんじゃないかな?


また、会場までの道脇ではミツバチが羽音をたてていそがしそうでした。




2012年7月17日

水曜日と日曜日はファーマーズマーケットがお勧め。

この夏もウィスラーの風物詩、ファーマーズマーケットがブラッコム山のベースで開催されています。



 お隣ペンバートンの採りたて野菜やオーガニックで育てられた牛のお肉、ビネガー、蜂蜜、地元アーティストの作品、たくさんの屋台が並んでいます。
もちろん屋台的な食べ物も並んでいます。もしかしたらそっちのほうが気になるかもしれませんね。今度ご報告いたします。

またそこはアドベンチャーゾーンになっていて、たくさんのアドベンチャーアイテムがあり、子供たちも大人も一緒に楽しめちゃいます。


こちらはバンジートランポリン。アクティブな子供たちに大人気。



パターゴルフなんかは家族で楽しめちゃいます。


その他にもルージュや迷路、スパイダーウエブ、ロープゾーン、バルーン、電気ゴーカート、ブラッコムトレイルライドという乗馬もできちゃいます。

水曜日か日曜日にウィスラーに来られる人は、是非ファーマーズマーケットに行ってみて下さい。


ちなみに、本日ウィスラー通信閲覧者がトータルで6万人を超えました。ありがとうございます。





2012年7月14日

クマも暑いと。

このところ昼間は30度を越える真夏日になっているウィスラー。

 山の上では“暑い~”って言うことはないけれど、ビレッジに下りてくると流石に夏の日差しと温度の暑さでかなりばててしまいます。

 でもそこはウィスラー。

 湿度がないので、日陰に入れば結構涼しくて気持ちが良いです。

 また、美味しいカフェで冷たい飲み物を楽しんでください。

 もちろんJ-ステーションにはと~っても冷たいお水が用意されています。


 ところでクマさんですが、流石にこれだけ暑いと冷たいところが良いみたい。

 先日、ソーラーコースター下の残雪の上に腹ばいで寝そべっているクマさん発見。
 お腹を雪にこすり付けてとっても気持ちよさそうでした。



 そして賑やかな週末の土曜日。マウンテンスクエアでは、バック・ツウ・ザ・フューチャー、デロリアンのコレクターカーが展示されています。




 明日の日曜日はマウンテンスクエアのリノベーションが終わり、そのセレブレーションが行なわれます。ケーキカットもあるので、日曜日にウィスラーにこられる方は、是非立ち寄ってみてください。

2012年7月12日

氷河スキーを見に行こう!!

7月29日までオープンしているブラッコム山の氷河スキーエリア。

 「山に登って涼しい空気を感じたいけれど、歩くのはちょっと」。という人にお勧めです。

 ソーラーコースターチェアーから7thヘブンリフトまではご覧のようなバスが走っています。
 
 もちろんバス代はリフト券に含まれています。


 このシルバーのバスは今年お目見え。

 ピーク2ピークに合わせてたのでしょうか?赤いバスとシルバーのバスがあります。


 バスから降りて、7thヘブンリフトで氷河スキーエリアまで一気に上ります。

 そこにはホストマンハットという山小屋風レストランがあり、雪景色を眺めながらのんびり過ごすと、それだけで心も身体も爽やかになっちゃいます。

 氷河エリアにはいろいろなアイテムがあり、多くのライダーが滑っています。このライダー達の間から、未来のオリンピック選手が出てくるのではないでしょうか?




 山の上のほうに行きたいけれど、「歩くのはちょっと」という方、是非ブラッコム山の氷河スキーエリアに行ってみてください。


2012年7月10日

7月に入り、急に夏になりました。

この一週間、昼間は30度近くまで温度が上がり、夏が一気に訪れたウィスラー。

数日前までつぼみだった花もどんどん開き始めています。お隣ペンバートンではイチゴ狩りが旬。


今回はウィスラーの定点観測をお知らせします。

こちらはサーモンベリー。

つづいてシンブルベリー





そして、こちらはタラの木の種類で、デビルズクラブ。先住民が薬草としてもっとも多用する植物だそうです。


ここまでの写真は実は7月3日の写真。どうなったか後日アップいたします。

そして晴れた日のウィスラーに飛びまくっているのが、ブラックコットンウッドの綿毛。道端にたくさん落ちていて、遠くから見るとまるで雪のようです。




この綿毛の中には小さな種が含まれていて、湖に落ちた綿毛をカモが一生懸命食べていました。


とあるガイドさんも、その綿毛を拾って食べたそうですが「ほとんどが綿の味で、でもよく嚙んでいると少しだけゴマの味がした」と言っていました。


2012年7月6日

山の上がとっても涼しいですよ~。

先日からウィスラー山のピークチェアーがオープン。


 おとといから天気がとってもよくて、ビレッジでは暑すぎるぐらい。


 そんなときはウィスラー山やブラッコム山へ上っちゃうのが一番。

 とっても涼しい、というより寒い。

 体力自慢の健脚の人、是非ウィスラー山頂上からマシューズトラバースとピカストラバースを通ってラウンドハウスへ戻るハイキングコースに挑戦してください。

 ではそのコースの一部をご覧下さい。

 まずはピークチェアーでウィスラー山頂上へ。

 まさにTop Of  The World!!



 ブラックタスクも雄大です。



 ハイキングコースの途中に落書きがたくさん。でも雪だったら書いていいよね。
 このエリアはハートのマークがたくさんあって、勝手にLOVE ROADと名づけました。




ハイキングコースのほとんどすべてがまだまだ雪の中。




 全行程で1時間弱。


 絶対にお勧めです。





2012年7月3日

大盛況でした。

7月1日のカナダデー。

 ウィスラーの入り口に立っているイヌクシュクにMPワンちゃん。

 とってもきりっとしたたたずまい。

 もちろんRCMPの方もいらっしゃいます。


 人とお馬さんとワンちゃんって、とってもカナダらしいって思います。

 開拓時代、どんなにお馬さんの力を借りていたか。ワンちゃんにも協力してもらったかって思っちゃいます。

 お馬さんを身近に見れるって言うことは素敵なことなんだなって思います。

 もちろんウィスラーでは乗馬ツアーも始まっています。


 そして、ウィスラーを練り歩いたカナダデーパレード。


 この写真はミス・ウィスラーさんとミスブラッコムさん。頭にピーク2ピークゴンドラがのっているのがお分かりでしょうか?素敵なご衣裳です。





 もちろんウィスラーといえばクマさんも大切な仲間。そしていろいろな国々から移民してウィスラーに住んでいる方々がいます。もちろんツーリストも世界中から来ています。



 町中がカエデのマークに彩られました。


 最後にグランドオープニングをしたJステーションウィスラーの様子もご覧下さい。






 多くの方々にお越しいただきました。

 本当にありがとうございます。


 これからも宜しくお願いいたします。