2015年7月18日

ウィスラー、暑い日々が戻ってきました。

ブラッコム山のホストマン氷河ではまだまだ夏スキー・夏スノーボードが行なわれていますが、麓のウィスラービレッジには、夏らしい暑い日々が戻ってきました。

数日前は夕方になると寒さも感じるぐらいでしたが、この数日は昼間は30度近くまで気温が上がりそうです。

そんなときは、山に上ってすごすのがお勧め。ビレッジの温度より平均10度以上低くてとっても快適に過ごすことができちゃいます。


しかもウィスラーJステーションでは、窓口よりお得なお値段で観光券をご購入いただけます。

しかも、通常は$5のお荷物預かり代も無料になります。合計でなんと10ドルぐらいお得になっちゃいます。


ところで、暑いウィスラーではレイクスイミングをする人も沢山います。泳がなくても見に行くだけで涼しい気分になっちゃいます。

一番人気がロストレイク。



多くの人たちがここでのんびり過ごしていますが、湖の畔に行くと、ウエスタントードという、小さなカエルさんをみかけます。大きさは小指の先ぐらい。カナダの10セントコインぐらいです。


湖の中ではまだまだおたまじゃくしですが、これがどんどんカエルさんになりつつあります。

以前はあまり見かけなかったこのカエルさんですが、ウィスラーの自然保護の運動により沢山見かけるようになりました。

もし、ロストレイクに行ったら、このカエルさんに気をつけてください。

「自然観察ウィスラー」でした。

(ウィスラーJステーション HN)